作業用の道具

セルフチェックをする

図面を引いていく

外壁のセルフチェックをしてみよう

案外外壁をしっかり自分でチェックしている方は少ないのではないでしょうか。 築10年を目安に外壁塗装をするわけですが、その前に築5年を過ぎたら外壁の状態をセルフチェックしてみましょう。 早い時期に外壁の劣化を見つけることが、外壁塗装の費用を節約することに繋がりますし、大切な家を長持ちさせることができます。 まず汚れていないか、天候で汚れが生じます。 色あせていないか、だんだんと塗装がはげてしまってツヤがなくなります。 ひび割れしていないか、モルタルの壁によく見られます。 塗装の膨れ、はがれ、めくれがないか、塗装時に水分が残っていたか、湿気の多い時に施工したなどの原因で起きることがあります。 カビ、サビなどの発生またはチョーキング現象が起きていないか、手で壁をこすってみると手に白い粉がつく現象ですが、塗料に防水効果がなくなった時にこの状態になります。チョーキング現象が起きたら直ちに外壁塗装をしましょう。

外壁塗装の施工の仕方

家を長持ちさせるためには、約10年を目安に外壁塗装をする事をおすすめします。 しかし、一体外壁塗装とはどういう流れでどんな事をするのでしょうか。 外壁塗装の準備で、まず足場を組むことから始まります。平米単価600円と意外と費用がかかります。 次に、外壁や屋根を専用の高圧洗浄機を使って汚れを落とします。 その後窓など塗料がつかないように、塗らない部分を養生で覆います。 戸袋、雨戸など鉄の部分にさび止めを塗ります。 ひび割れやはがれている部分の補修をします。 軒天を3度塗りします。 外壁塗装を3度塗りで行います。 屋根も外壁と同じく3度塗りします。 最後に雨どい、戸袋など塗装しなければならない部分があればそこを塗ります。 これが外壁塗装の主な流れです。基本的に外壁と屋根は3度塗りなので、きっちり3度塗りをしてくれる業者を選びましょう。